心を育てる芸術鑑賞会


アフリカンミュージック&ダンス ワイワイスティールパン

東京発

幼稚園小学生中学生高校生支援学校大人

みどころ

日本で数少ないスティールパン奏者・伊澤陽一がお贈りする、ワイワイにぎやかな、まるでカーニバルのような音楽鑑賞会!聴いて・体験して・開放して…カラダ全体で感じる、ココロ全開で揺れるWAIWAI サウンド!

伊澤陽一■ ほぼ全員がスティールパン担当

「20世紀最後にして最大のアコースティック楽器」と呼ばれているスティール・パン。その音色は一言でいうと「華やか」「きらびやか」「トロピカル」!
身も心も踊り出しそうな、南の島のパラダイス・サウンドの魅力を広く深くお伝えします!

■ 最大20名までの幅広い編成

  1. 演奏の目的や会場の規模、ご希望やご予算に応じて、出演者の人数も演奏曲目も調整することが可能です。大人数になるほど音圧が増しおなかにも響きます。

■ さまざまなスティールパン

一般的に知られているテナー・パンはもちろんのこと、ダブル・セコンド・パンやダブル・ギター・パン、トリプル・チェロ・パンなど、2個1組〜3個1組からなる中低音域担当の楽器も登場します。さらに、シックス・ベース・パンというドラム缶そのものが6つ連なった迫力満点のスティール・パンまで珍しくて視覚的にも楽しい楽器がずらりと並びます。
それぞれの音色をしっかりとキャッチしてください!

編成 4〜20名 +舞台スタッフ 使用楽器 テナーパン、ダブルセコンドパン、ダブルギターパン、トリプルチェロパン、シックスベースパン、ドラムセット 他(編成により異なります)
主な曲目

★ 星に願いを
★ アンダー・ザ・シー
★ パプリカ(リクエスト曲)
★ サー・デューク
★ トリニダード・トバゴの音楽
★ (ご希望により)校歌 他

*曲目は多少変更する場合がございます。


ワイワイスティールパン ワイワイスティールパン


プログラム紹介

第1部:スティールパンの音を体験し楽器を知ろう
★ スティールパン発祥の地、カリブ海に浮かぶ島国《トリニダード・トバゴ》の音楽。
★ 楽器紹介

第2部:みんなが知っている身近な音楽をスティールパンで聴いてみよう
★ 日本の音楽、童謡、ポップス、世界の名曲、ディズニーやジブリの音楽など
★ リクエストにお応えすることも可能です

第3部:参加・体験コーナー(下記の中からプログラムします)
★ 代表者がステージに上がってスティールパンの演奏体験
★ 全校生徒でのボディパーカッションによるリズム遊び
★ 小物打楽器を使ってその場でセッション
★ 校歌やリクエスト曲を全員で歌う合唱コラボレーション
★ 曲当てクイズ

第4部:音楽による心の開放(WAIWAIカーニバル体験)
★ トリニダード・トバゴの伝統的なカーニバル曲
★ オリジナル曲
★ みんなで踊ってカーニバル!

* 対象年齢、編成等により曲目・曲順を構成します。


スティール・パンとは?

カリブ海の南端に浮かぶ島、トリニダード・トバゴ共和国で誕生した楽器で、ドラム缶から生まれたアコースティック楽器です。スティールドラムとも呼ばれています。
カリブ海で唯一の石油産出国であるトリニダード・トバゴではドラム缶は馴染みのある廃材です。そのドラム缶を輪切りにして、ハンマーを使い表面を叩きへこませて音階を創っていく非常にシンプルな旋律打楽器です。見た目とは裏腹に、南国をイメージさせる透明で繊細な音色をもっています。
昨今は様々なメディアでも取り上げられ、ディズニー映画「リトル・マーメイド」の代表曲『アンダー・ザ・シー』など、耳にする機会も多くなってきました。
尚スティールパンは、その音域によりいくつかの種類があります。

テナーパン○ テナー・スティール・パン

ソプラノ音域でメロディーラインを担当。ソロ演奏や他楽器とのセッションにも多く使われ
る。一般的にスティールパンといえばこの楽器の音色でしょう。

ダブルセコンドパン○ ダブル・セコンド・パン

アルト音域で2個ワンセットの楽器。メロディー、ハーモニー、オブリガード等、多彩な役
割を担う。

ダブルギターパン○ ダブル・ギター・パン

テナー音域で2個ワンセットの楽器。ギターのように伴奏楽器としてコードを弾くなど、
主にハーモニーを担当。深く豊な響きをもつ。

クワドロフォニック○クワドロフォニック

ダブルセコンド、ダブルギターを合わせたような4つのパン

トリプルチェロパン○ トリプル・チェロ・パン

テナー音域で3個ワンセットの楽器。中低音域のメロディーやハーモニーを担当。幅広い
音域をもちアンサンブルに深みを与える。

テナーベースパン○ テナー・ベース・パン

バス音域の4個ワンセットの楽器。ベースライン担当。

シックスベースパン○ シックス・ベース・パン

見た目はドラム缶そのもの、バス音域の6本のドラム缶ワンセットの楽器。響きを押さえた太い重低音域のクリアなベースラインが身上。演奏する姿は、まるでダンスをしている様。


メンバー紹介

WAI WAI スティールバンドWAIWAI STEEL BAND
ワイワイスティールバンド

伊澤陽一率いる『WAIWAI STEEL BAND』こころに響くメロディーと壮大な世界観で闇を照らす!「ポップス?」「クラシック?」「ワールドミュージック?」ドラム缶から生まれた楽器「スティールパン」が奏でるすべてを超えた「新ジャンル」のオーケストラ。スティールパン発祥の地、トリニダード・トバゴの音楽に影響を受けつつも、伊澤陽一のアイデンティティーが融合したノスタルジックで叙情的な世界観が特徴.2013年 アサヒ・アートスクエアで初のワンマンライブを敢行.明るく愉快かつ時に切ない楽曲が話題となり、同館が閉館される2016年まで毎年開催されるに至る.その後もTokyo-FMホール(2017).航空記念公園野外ステージ(2018).所沢市民文化センターミューズマーキーホール(2018)にて開催.また日本全国様々な空間にてライブを展開している。Playwrightレーベルより2014_1st CD「TIME FOR PAN」2016_2ndCD&DVD「LAMP」リリース.バンドの本拠地、埼玉・所沢にて次世代に繋げるべく「WAIWAI JUNIOR STEEL BAND」結成。

伊澤陽一

伊澤 陽一
スティールパン奏者

埼玉県出身。
東京音楽大学 打楽器科卒。2000年 Steel Pan Player 原田芳宏氏に出会い、音楽を学び、Steel Pan奏者として演奏活動をはじめる。2007年本場トリニダード・トバゴ共和国にて開催するスティールパンコンテスト「PANORAMA」に現地のオーケストラ Starlift Steel Orchestra のメンバーとして出場する。2008年、総勢50人以上のスティールパンオーケストラ「WAIWAI STEEL BAND」を結成し全国にてライブ活動を開始、様々な音楽フェスにも出演している。今までに5枚のCDアルバムをリリース。作曲では高知よさこい祭り「バイタルフス高知」の音楽制作を7年間にわたり担当した。教育機関での演奏にも積極的に取り組んでおり、今までに全国の保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校など1000校以上で公演を実施。また後進の育成にも熱心で、地元 所沢にてスティールパン教室「ワイワイパンヤード」を開校しその魅力を次世代に伝えている。スティールパン、音楽を通し「喜び」「音の記憶」を探求し演奏活動している。


ひょうげん教育 お問い合わせ

電話/FAX 072−377−6644
(平日 8:00 〜 18:00)

資料請求・メール(24時間OK)

メール