芸術鑑賞会はひょうげん教育
会社概要 サポート内容 お知らせ スタッフブログ サイトマップ
芸術鑑賞会 ワークショップ 声優体験 特別価格 資料請求
演目

サウンドフォー

トリコロール

みどころ

子どもたちの未来へエールを贈る鑑賞会!
様々なジャンルの歌と演奏で曲の表情や演奏の違いを楽しむ、観客も巻き込んで進行していく体感型のコンサート!!

■ 楽器の魅力

クラシックサックスは味わい深い響きで楽曲の世界を広げ、コントラバスは弓や指などの演奏方法によって全く違う楽器のような音色になり、パーカッションはたくさんの種類の太鼓や小物打楽器で曲にアクセントをつけて盛り上げる。アンサンブルの素晴らしさを堪能!

■ 歌

心に響く伸びやかな歌声とハーモニーで、子どもたちにメッセージを込めた歌も魅力です!
クラシックの発声とポップスの声の違いなどもご紹介します。

■ 観客と一体に

手拍子や振り付けがあったり、クイズ形式で進行したり、演奏者と観客が一体になる演出
が盛りだくさん! 演奏者の呼びかけに応えてコンサートを盛り上げよう!

 

メディア出演

● テレビ朝日「ストリートファイター」出演(tricolore)
● FM大阪、MBSラジオ、ラジオ大阪など多数出演(tricolore)
● FMラジオパーソナリティの経験もある。(tricolore)

主な曲目

★ 情熱大陸
★ リベルタンゴ
★ パッヘルベルのカノン
★ 栄光の架橋
★ 上を向いて歩こう

*曲目は多少変更する場合がございます。

編成

4〜6名

使用楽器

キーボード・サックス・コントラバス・パーカッション


tricolore(トリコロール)

2007年 中学校時代の同級生だったみ~やん (vo.&key)と みなみ(sax.&chorus)により結成。
共にクラシック音楽を学ぶ中、一番大事にしたいのは、きいてくださる方だという想いが共鳴。
み~やん、みなみ、そしてきいてくださる方を3色になぞらえ、tricolore(3色旗)と命名。

全国オーディション第9回ミュージシャングランプリOSAKA'10にて、準グランプリ獲得、翌年、ネットファン投票で全国第1位を獲得

台湾、マレーシア、タイの3ヶ国にて4公演を招聘演奏

これまで、世界的ダンサーや、女優、劇団とのコラボレーション、またtricoloreのバックグラウンドであるクラシックを生かした、弦楽カルテットにマリンバを加えたオーケストラ小編成など、唯一無二のワンマンライブを開催。

出身地堺市の最大のイベント、堺まつりには2014年より招聘されゲスト出演を果たしている。

み〜やん

み~やん (ヴォーカル、キーボード)
大阪芸術大学演奏学科ピアノコースを卒業後、同大学の伴奏要員、公立高校音学科非常勤講師を経験。

みなみ

みなみ(サックス、コーラス)
フランスのビロバンヌ国立音楽院サックス専攻で卒業後、本帰国。
イベント制作会社社員、ラジオ制作スタッフまた、宝塚歌劇団女優へのsax指導などを経験。

村上友

村上 友(パーカッション)
音楽専門学校を卒業後、AppleJack(バンド)に所属し、サポートなどで関西を中心に活動している。
2011年台湾の数万人規模のジャズフェスティバル「Taipei International Jazz Festival」に出演 。
2013年には金沢ジャズコンペティションでグランプリ賞を受賞。(AppleJack)

小山直人

小山 直人 (コントラバス)
大阪芸術大学芸術学部音楽学科卒業。
同大学在学中に、ジュリアード音楽院(ニューヨーク)での短期留学プログラムに参加。
大学卒業後は、カリフォルニアカレッジオブミュージック(ロサンゼルス)に留学。 留学中は、様々なセッションやレコーディングに参加し、経験を積む。

Soul、R&B、Jazz を中心に多彩なジャンルをこなし、Eric Marienthal (Saxophone)、Uros Raskovski (Guitar)、手数王 菅孝三 (Drums)、南里沙 (Chromatic Harmonica)、新納悠記 (Ukulele) などのプレイヤーとの共演の他、西浦達夫、和紗、Neoなど、数多くのシンガーのサポートをこなす。(敬称略)

2014年9月に金沢JAZZ Streetのコンペティションにて、自身が所属するプログレッシヴ ジャズ インストゥルメンタル バンド 凸 ”TOTSU" で準グランプリを獲得。同年10月には、Power Sound Square主催の「Power Live 2014」でベストプレイヤー賞を受賞。

翌年2015年には同イベントに自身のリーダートリオ "Naoto Oyama Trio"で出演し、審査員賞及び、2年連続となるベストプレイヤー賞を受賞。

現在は、国内外問わずアーティストのレコーディングやツアーのサポート、トラック制作やイベント企画など、ジャンルを問わず幅広い分野で活躍中。企画した主なイベントは、ベースにスポットを当てた” Who Loves the Bass ? " の他、若手実力派アーティストを集めた" Show Case " などがある。

2015年1月に自身初のミニアルバムとなる” TimeLapse "をリリース。


ひょうげん教育 お問い合わせ

電話/FAX 072−377−6644
(平日 8:00 〜 18:00)

資料請求・メール(24時間OK)

メール